保険の目的と対象について

初心者でもわかる医療保険

保険の目的と対象について

労働者災害補償保険(略称・労災保険)は、仕事上のでのこと、または通勤による、労働者の病気や負傷、障害、死亡等の場合に対して、公正で素早く労働者を保護をする目的のため、必要となる保険の給付をして、さらに、業務上でのことや通勤による負傷、または病気にかかった労働者が早く社会に復帰ができるよう、当該労働者やその遺族の援護をし、労働者に対しての安全や衛生の確保などを目指し、福祉の向上ということで労働者のサポートを目的とする。


労災保険が適用されるのは事業所ごとの単位で、労働者をひとりでも採用する事業では、原則として強制適用事業とされる。なお、農林水産業の一部に限っては、暫定的に任意的に適用事業とされている。

また、国の直営事業や官公署の事業については、国家公務員災害補償法や地方公務員災害補償法が適用となる。

なお、船員保険についての被保険者は、船員保険法というものの適用となっていたが、2010年1月1日に、失業部門つまり雇用保険相当と一緒に船員保険法から独立となり、それぞれが労災保険法や雇用保険法に分割され、この法の適用事業である。
いうなれば、適用事業に雇用され、賃金が発生している状況であれば、適用労働者にあてはまるとされる。
小規模な個人での事業で、厚生年金や雇用保険の対象とならない事業で雇用されている労働者や、アルバイトやパートなども適用労働者に当てはまる。
労働基準法において、労働者に当てはまらない者には適用がされないが、、特別加入制度がある一定の条件のもとに設置されている。
copyright(C)初心者でもわかる医療保険