医療保険と主旨について

初心者でもわかる医療保険

医療保険と主旨について

医療保険というのは、病院・診療所といった医療機関で病気をみてもらったりしたときに、発生する医療費について、保険機関が全額または一部を給付・補助する仕組みのことである。

目的としていては、高額の医療費による生活の安定や貧困の予防などに役立てていている。
先端技術による治療や長期にわたる入院などには、高額の医療費がかかってしまうが、出来るだけ被保険者の直接負担を避けるために、被保険者の負担額の上限が決められたり、反対に保険金の支給額が増加することで、保険者の財源が圧迫されてしまうことを防止するため、自己の負担割合や負担金が被保険者によって決められていたり、はじめから保障となる範囲を制限したりする事が多い。

大別して「国民健康保険(国保)」や「社会保険(社保)」に代表される強制加入の公的医療保険と、任意加入の民間医療保険の2種類に分けられる。

どころで、日本の平均寿命はどのくらいか。厚生労働省が発表している男性の平均寿命(ある年齢の人々が、その後何年生きられるかという期待値を平均余命といい、0歳の平均余命が平均寿命にあたります)をみてみると、年々延びてきているようであり、2006年の場合でみると78.53日となっている。

このように、確実に長寿化をしている日本では、今後も益々医療費が増加していくことが予想される。このような背景を考慮にいれつつ、医療保険について前向きに取り組んでいかなくてはいけないのではないでしょうか。
copyright(C)初心者でもわかる医療保険