医療保険の使い方について

初心者でもわかる医療保険

医療保険の使い方について

医療費の内訳と医療保険

病気をしたとき、治療を受けて病院に支払う金額は医療費の合計額ではない。合計額の一部を支払います。残りの部分は公的医療保険である健康保険や国民健康保険が負担しています。

医療保険の内訳は次のようになっています。
本人が負担しなくてはいけないのは、「医療保険対象」となっている部分の内30パーセント分と、医療保険対象外となる費用、このふたつの合計になります。
ただし、「「医療保険対象」となっている部分で自己負担額といわれる30パーセント分が、ある一定の額よりオーバーになると、この部分が高額療養費として認められ、その超えた額が返金される制度もあるので、覚えておきましょう。


医療保険の必要性

日本という国は比較的公的保障が充実しています。
一般的な病気の場合は公的医療保険で、かなりの部分がカバーすることができます。
それでも、医療だけでなくその間の収入保証などもしてくれる医療保険は重要な保険ともいえます。
ただし、考え方によっては貯蓄でもってカバーできるものでもあります。それぞれを天秤にかけてどこまでの医療費について公的負担では足りず、民間の医療保険が必要になるのかを考えてみなくてはいけません。


医療費の自己負担額

医療費については国民健康保険から、政府より一定の額が補助されています。
ここでは、医療にかかることで必要となってくる自己負担分の場合は、医療費に対する自己負担、差額のベッド代、食事代、先進治療という分野などに分けられることが可能です。

先進医療とは通常、病気や怪我により治療を行うときに、利用している公的医療保険制度(健康保険製)では一定割合を国が負担してくれています。
難病などに対する手術や治療については、まだまだ健康保険の対象外となっていて、これが先進治療です。
copyright(C)初心者でもわかる医療保険