公的医療保険はどんなもの

初心者でもわかる医療保険

公的医療保険はどんなもの

日本は国民皆保険制度を取っており、次にあげるいずれかの公的保険に加入しなければ医療費その他は受診時全額個人負担となる。

公的医療保険は予め被保険者の範囲が行政によって定められている医療保障制度である。
その中の「国民健康保険(こくみんけんこうほけん)」は日本国の国民健康保険法に基づき、主に第1次産業と呼ばれる農林漁業など自営業者が加入権を持つ強制保険であり、前年の収入に応じてその額が定められ、被保険者の疾病、負傷、出産、死亡に関して、医療費の給付または支給をする。
受診時の本人の負担率は30%で、収入その他に応じて軽減措置がとられる場合がある。(略称・国保)

社会保険(しゃかいほけん)とは、社会保障の分野のひとつで、民間企業などに勤務する国民が生活する上での疾病、高齢化、失業、労働災害(労災)、介護など事故やリスクに備えて事前に強制加入の保険であり、この保険に入る事によって万が一のリスクが起こった時に生活費に当てる現金または車イス松葉杖などの現物支給により生活を保障する相互扶助の仕組みである。
負担率はどの雇い主が50%、本人が50%を負担し、以下に記す6種類の社会保障に備える。(略称・社保)
copyright(C)初心者でもわかる医療保険